『蔵べるシリーズ』ご紹介 ~北冠~

2020年11月20日金曜日 9:15

『蔵べるシリーズ』ご紹介 ~北冠~ 



 お酒のラベルは見飽きることがないですね。そのデザインから、なんとなくそのお酒の味がイメージできます。



 この日は新聞のインタビュー。その合間、お酒の味見などもしたりして。

某紙記者さん:「類さんはお宅でもお酒を楽しんでいらっしゃるご様子。ところでぐい飲みは常に手離さないんですね。」

類:「これはさかなクン氏と同じで、体の一部なんですよ。そうそう、ここに並ぶ『蔵べる シリーズ』からおひとついかがですか。今日はこれを開けてみましょう。北冠、栃木県の純米吟醸酒です。」



某紙記者さん:「栃木県は最近少し不名誉なこと(都道府県魅力度ランキングワースト1)で話題になりましたけれど、、、」

類:「とんでもない。栃木県には良いお酒がたくさんあります。この北冠は、日光連山の豊富な伏流水で仕込みで、親しみ易い旨さが特徴。新たな酒造りの王道をゆくお酒です。皆さんにも栃木のお酒の美味しさを知ってもらいたいですね。」



類:「んむ。」



 味香り戦略研究所さんのマリアージュ分析による、北冠に合うおつまみは「卵きくらげ中華炒め」です。味のバランスが似ているため、お互いの味を邪魔せず、味わいが広がる組み合わせだそう。日本酒は味わう楽しみにあふれていますね。



『蔵べる シリーズ』次回紹介のお酒をお楽しみに~。