ラジオ深夜便~自宅で過ごすほろ酔いの夜 短歌にしみじみ思う~

2020年7月31日金曜日 14:01

ラジオ深夜便~自宅で過ごすほろ酔いの夜 短歌にしみじみ思う~




 酒場詩人・吉田類は、NHKラジオ第1「ラジオ深夜便」の毎月第2日曜日の午後11時台「酒のある風景」に出演しています。毎回旅や酒場を巡った話、近況などをお話ししています。また、大好きな映画の音楽を紹介するコーナーもあります。

類さんは、松山市立子規記念博物館が毎年行っている「はがき歌」全国コンテストの審査員をしています。今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、3月に行われる予定の表彰式が中止となってしまいました。発売中の雑誌「ラジオ深夜便」8月号では、番組内でもお話しした「はがき歌」の入賞作を「深学塾」というコーナーで紹介しています。

「はがき歌」とは誰か、何かに伝えたい気持ちを短歌形式に詠った「お便り」です。

今回は9,578首の応募がありました。これまでの入賞作品は子規記念館のホームページでもご覧になれます。

次回のラジオ深夜便もお楽しみに。

『思い出食堂』(少年画報社)発売中

2020年7月30日木曜日 15:12

『思い出食堂』(少年画報社)発売中


 取材なども細心の注意を払って行われています。マスク・手洗い・三密を避ける。これまでやってきた基本の感染防止対策を続けています。

今回の「吉田類の思い出酒場」では、多摩丘陵の山の中に出かけました。緑に囲まれたお店「鎌田鳥山」さんを紹介しています。





 しきりの壁のない大広間に流れるゆったりとした空気、開け放たれた窓からながめる里山の風景、、、。ものすごいリラックスした類さんの表情は必見です(笑)。写真が掲載されているので見てくださいね。




建築の本にも紹介されています。木造建築に興味のある方は一見の価値あり。


********************

『思い出食堂 焼きそばとビール編』(少年画報社)480円+税      



NHK名古屋『ナビゲーション』出演のお知らせ

2020年7月14日火曜日 13:33

NHK名古屋『ナビゲーション』出演のお知らせ


 詩人というのは根本的に孤独を好むものだ。酒場詩人と名乗り、酒場を愛していても、根本的には自分の世界を侵されたくないのだ。だから、わりと一人でも平気そうだった類さん。でもずーーっと孤独でいると孤独の意味が分からなくなっちゃいますね。
 そんなわけで、吉田類はぼちぼち酒場へと繰り出したのでした。


 皆様もご存知のバーチャルリアリティーです。「ゴーグル重くないですか」「気持ち悪くないですか」と細かい気遣いをしてくれるインストラクターの方に助けられ、酒場へ入っていきます。
「あっこんにちは」、「お邪魔します」、「皆さん集まってますね」、「かんぱーい」、「あっ掴みづらいですね」、「ゴクゴク」(本物)。
酒場詩人・吉田類の「仮想酒場」初体験の感想はどのようなものだったでしょうか。この様子はNHK名古屋放送局『ナビゲーション』で放送されます。


番組名:『ナビゲーション』
「スペシャル 達人が教える!WITHコロナを生き抜くヒント」 生放送出演予定
放送日:7/17(金)午後730分~ ※NHK名古屋放送局管内(中部7県)
なお、7/19(日)午前7時からBS1で全国放送(再放送)がご覧になれます。

酒場写真集

2020年6月26日金曜日 16:33

酒場写真集

飲兵衛のソーシャルディスタンスについて考えていたんですけれども一旦それは置いておいて。今回はこれまでスタッフが撮りためてきた写真を見てください。あらためて酒場っていいなと思います。










飲兵衛ならどこのお店か見当つきますね。


他のお客さんがいないこともたまにはある。


 ちょっと外で引っ掛けるときもありますね。



多摩川のあのお店です。懐かしいね。


山でも美味そうに飲んでるね。なめこ汁だったね。


活火山でも飲むよね~。究極の酒場といえましょう。

山に登りたい!「にっぽんトレッキング100スペシャル」再放送のお知らせ

2020年5月28日木曜日 16:35

山に登りたい!「にっぽんトレッキング100スペシャル」再放送のお知らせ



 外出自粛中に酒場詩人の吉田類は何をしていたでしょうか。お酒を飲んでいた?まあそうですよね、酒場詩人だしね。でも一人で楽しくお酒を飲むのは限界があります。
 アトリエは幸いにして都会の喧騒から離れたところにあります。人と会わない時間を選び高低差のある道を散歩し、さらに家でも独自の体操をして体力を衰えさせない。それ以上にパワーアップを目指す先には山があります。
 登山のみならず行楽に最適のシーズンをコロナウイルスに奪われてしまった私たち。類さんの出演したBSプレミアム『にっぽんトレッキング100スペシャル』の再放送をぜひ観ましょう。ここでは類さんの登山スタイルも紹介いたします。





【放送日】
『にっぽんトレッキング100スペシャル▽シーズン到来!テントを背負って山へ行こう』
531日(日)午後300分~午後430分 BSプレミアム

思い出食堂「吉田類の思い出酒場 特別編」

2020年5月25日月曜日 16:54

思い出食堂「吉田類の思い出酒場 特別編」



 今日はあれが飲みたい、食べたいと、思い立ったらお目当てのお店に行き、思いを叶えられる。それが普通のことだと思っていました。いま横町を歩けば、飲み屋さんのあちらこちら、店主の文字で休業を伝える張り紙がしてあります。女将や大将の顔が浮かび、文字通り心臓をギュッとつかまれるような気持になりました。
 『思い出食堂』の企画「吉田類の思い出酒場」でこれまで廻ったお店は50以上。今回は特別編としてこれまで訪れたお店を振り返ります。
「アフターコロナ?知らねえよそんなもん。コロナと共存?冗談じゃねえ、まっぴらごめんだ!」どこかの店主が言ってそうだなあ。
『思い出食堂 アジの開き編』発売中です!

酒場詩人も家にいます

2020年4月28日火曜日 17:28

酒場詩人も家にいます


  いやいや、たいへんなことになったなあ。そりゃあ酒場詩人だもの、旅に出て、酒場で出会い、語らい、物語を作ってきました。そして辛い時ほど酒場に行きたくなるってものじゃないですか。だけどそれをさせてくれないんだなあ、新型コロナウイルスってやつは。
 緊急事態宣言が出されてから酒場詩人・吉田類も家におります。正確に言うとアトリエです。原稿を書いたり、絵を描いたりしています。映画が好きだから映画も観ているかな。
人と人とが助け合わねばならないのに、人に合えないというのはこのウイルスの憎らしいところ。まどろっこしいところ。孤独にも耐えねばなりません。
そんなわけでSkypezoom、と、吉田類もいろいろ工夫しております。ラジオ出演の時には、このおかげで進行のアナウンサーさんの顔を見ることができるので、ずいぶんと話しやすいようです。
類さんも酒場が恋しいでしょう。心配でしょう。そして高齢の女将さんや大将がどうか元気でいてほしいと願っています。
吉田類は元気にしております。

(右手の絵は以前「NHKハート展」に出品したイラストです)