『蔵べるシリーズ』ご紹介 ~英勲(齊藤酒造)~

2021年7月8日木曜日 13:42

 『蔵べるシリーズ』ご紹介 ~英勲(齊藤酒造)~




 「英勲」は京の米、京の水で醸されたお酒です。蔵元おすすめの飲み方は「ぬるめの燗」とのこと。2019年には「全国燗酒コンテスト」のプレミアム燗酒部門金賞を受賞されています。



「ふくよかな旨味ときりりとした口当たり。含めば立ち所に打ち解けて、深い間柄となる。」仕事もプライベートも、人との縁は取り持つ存在あってこそ。英勲は食中酒としていろいろなお料理と相性良く和を結びます。

 そんな万能のお酒に、あえて最高に合うおつまみをご紹介するとしたら「焼き鳥なんこつ」はいかがでしょうか。なんこつの福雑味が英勲のコクを深める組み合わせです。是非お好みの温度でお試しください。




『蔵べる シリーズ』ラインナップはこちらでご覧いただけます
 次回のお酒もお楽しみに~!



ラベル:

『蔵べるシリーズ』ご紹介 ~京の香梅(山本本家)~

2021年6月23日水曜日 16:24

 『蔵べるシリーズ』ご紹介 ~京の香梅(山本本家)~



 1677(延宝5)年創業というのですから、単に老舗と表現するのもおこがましいような気も致します。「京の香梅」を作っている山本本家さんは300年の歴史を持つ酒蔵さんであります。


 米の旨味とすっきりとした辛さを持つ本格的純米酒です。京都のお酒らしく、おつまみはおばんざいがおすすめです。洋食だと白身魚のカルパッチョも良いらしい。味香り戦略研究所の分析による最高のおつまみはローストビーフです。京の香梅の濃厚な味わいとローストビーフの酸味がお互いを補い合い味わいがまとまる組み合わせです。


 ここで素敵なお知らせです。この度「蔵べるシリーズ」の一合瓶のデザインが日本ガラスびん協会主催の第17回ガラスびんアワード最優秀賞を受賞しました。

 選出されたポイントでもある、瓶の肩口に施された七宝模様は、古来とても縁起の良い柄とされています。無限に連なる円は縁の繋がりでもあります。皆様とのご縁を胸に、いますこし心の中での乾杯をいたしましょう。



『蔵べる シリーズ』ラインナップはこちらでご覧いただけます

https://www.mitsubishi-shokuhin.com/kuraberu.html

次回のお酒もお楽しみに~!


ラベル:

『蔵べるシリーズ』ご紹介 ~福正宗(福光屋)~

2021年6月8日火曜日 17:14

 『蔵べるシリーズ』ご紹介 ~福正宗(福光屋)~




 今回は金沢のお酒「福正宗」をご紹介します。蔵元の福光屋さんは金沢で最も歴史ある酒蔵さんです。
 金沢は類さんも大好きな場所です。日本酒はもちろん、酒場でいただく食べ物のおいしさは大変な魅力だそうです。これを書いている類スタッフはとんでもない味オンチなんですけど、近江町市場でふらりと入ったお店のお寿司やおつまみの味はいまだに忘れられません。




 吉田類もにんまりと舌鼓を打つ。福正宗の源は霊峰白山の地下水「百年水」の醸す芳醇さです。昭和初期風の美人画のデザインされたラベルが目を引きますね。福光屋さんでは醗酵の技術を生かした化粧品なども開発されています。

 ベストマッチングおつまみはデミグラスソースハンバーグです。ふたつの味バランスが似ており、味わいが広がる組み合わせです。モダン!これは是非試したいですね。

『蔵べる シリーズ』ラインナップはこちらでご覧いただけます
 次回のお酒もお楽しみに~!


ラベル:

『思い出食堂』ポテサラとアジフライ編 発売中

 9:16

 『思い出食堂』ポテサラとアジフライ編 発売中



 「吉田類の思い出酒場」で両国の『ふじ芳』さんへうかがいました。看板に大きく書かれている「うずら鍋」はお店の名物です。お鍋の出汁の味を「しみじみ美味い、、」と類さんも言うとおり、お腹がしみじみと暖かくなりホッとします。うずら鍋はネット販売もされていて、作り方はYouTubeで配信されているそうですよ。

「やっぱりおいしい料理には一番元気付けられます。人間は本来、こうして楽しく生きられるんだ、という事を忘れずに、今の局面をみんなで乗り切りましょうよ!」(類)


YouTube「吉田類チャンネル」をお楽しみください

2021年6月1日火曜日 10:14

YouTube「吉田類チャンネル」をお楽しみください



 さて皆様はもうご存知かもしれませんけれども酒場詩人・吉田類、YouTubeはじめました!主にアトリエでの様子をお伝えしています。昨今流行りの丁寧な感じでコーヒーを入れて飲んだり、出来栄えが微妙なホットサンドを焼いたり、試行錯誤しておりますので是非ご覧ください。画家のわりにびっくりするくらい不器用ね、とかよく言われるんですけど、どうか暖かく見守ってください。







放浪1000回記念春のオンライン祭り 御礼!

2021年5月27日木曜日 17:45

放浪1000回記念春のオンライン祭り 御礼!



 4月に開催されたBS-TBS『吉田類の酒場放浪記』放浪1000回記念のオンラインイベントはおかげさまで盛況に幕を閉じました。コロナ禍においてもファンの皆様と乾杯ができたことに感謝いたします。



 初の試みなので準備は入念に行われました。愛猫ららちゃんの映りに神経をとがらせる酒場詩人。


 司会は槙あやなさん。参加者様へマイクなどの調整をお願いする場面も多くて大変な中、超マイペース詩人をコントロールしながら粛々と進行。
 類さんはといえば、懐かしいお店の大将と繋がって涙したり、参加者最年少の女の子(ジュースで参加です!)との会話に元気をもらったりと、充実した時を過ごす事が出来ました。これはオンラインならではの触れ合いとも言えますね。そうそう、ららちゃんのいびきも生配信されちゃったわ。



 スムーズな配信の裏には沢山の技術スタッフさんが関わっていました。終了後は記念撮影。おつかれさまでした!
 どのような形であっても、乾杯って楽しいものですね。皆様ありがとうございました。次の乾杯まで元気でいましょう!きっとですよ!


 

『蔵べるシリーズ』ご紹介 ~幻の瀧(皇国晴酒造)~

2021年5月20日木曜日 14:13

 『蔵べるシリーズ』ご紹介 ~幻の瀧(皇国晴酒造)~



 『蔵べる シリーズ』のお酒は全部で27種類。それぞれのお酒に合わせたおつまみもご紹介しています。ぜひお試しくださいね。
 「幻の瀧」は前回の「銀盤」と同じく富山県のお酒です。



 富山県はご存じの通りユネスコのジオパークに指定されており38億年の大地を体感することのできる土地です。その長い歴史に育まれた恩恵の一つが水であります。皇国晴酒造さんの敷地内にも清水が湧いています。環境省指定の名水百選にも選ばれたその水を仕込み水として辛口吟醸「幻の瀧」が醸されています。



 旅をしたいなあ。立山連峰、黒部峡谷、ねっこランドにも行きたいし、蜃気楼も見てみたいなあ、、、。


 ぜひ四川風麻婆豆腐を合わせてみてください。四川風麻婆豆腐の苦味が幻の瀧のコクを深める組み合わせです。辛いよ~痺れるよ~。立山カルデラに煮えたぎるマグマを鎮めるのじゃ、、、

『蔵べる シリーズ』ラインナップはこちらでご覧いただけます
次回のお酒もお楽しみに~!





ラベル: