『蔵べるシリーズ』ご紹介 ~決戦関ケ原・まいるど白川(三輪酒造)

2021年4月7日水曜日 11:14

 『蔵べるシリーズ』ご紹介 ~決戦関ケ原・まいるど白川(三輪酒造)


 『蔵べる シリーズ』今回ご紹介するお酒は岐阜県の三輪酒造「決戦関ヶ原」と「まいるど白川」です。




 「決戦関ヶ原」のラベルには「関ケ原合戦屏風」の絵の一部がデザインされています。それにしても痺れるネーミングです。東海道新幹線で関ケ原を通過するとき、それまでの快晴がにわかに搔き曇り、雨が降ったり吹雪いたりしますよね。これは山が入り組んだ地形の影響だそうで、天下分け目の戦いの地にふさわしくドラマチックだけれど、それゆえ新幹線運行の難所とも言われているそうです。さて決戦関ヶ原のお味はというと、


 類さんの口に寄れば「ガツンと辛口の淵に嵌まるも喉元にて和む」。徳川家康はガツンと6時間で戦いに決着をつけ、その後の太平は皆様も知る通りでございます。そしてこのお酒に合うおつまみはビーフシチューという分析結果が出ました。


 決戦関ヶ原の濃さがビーフシチューの味わいを深める組み合わせです。天下人を偲び八丁味噌仕立てのビーフシチューというのはいかがでしょうか。




 「まいるど白川」は濃厚な米の甘味がやさしく味わえる濁り酒です。雪景色を思わせるラベルの絵は、世界遺産である白川郷の合掌造りですね。




 「度数が抑えてあるからマイルド。スイスイすすむね~。」気が付けばぐい呑みは空に。
 おつまみには是非、あゆの一夜干しをご用意ください。まいるど白川の味わいをあゆの一夜干しの塩味が深める組み合わせです。



『蔵べる シリーズ』ラインナップはこちらでご覧いただけます
 次回のお酒もお楽しみに~!










ラベル:

一日限りの類酒場!「吉田類の酒場放浪記」オンラインイベント開催

2021年3月26日金曜日 14:56

 一日限りの類酒場!「吉田類の酒場放浪記」オンラインイベント開催



 BS-TBS「吉田類の酒場放浪記」放浪1000回ですもの、こんな時こそ普段番組を観てくれている皆さんと、カンパ~イ!できれば嬉しいです。

一日限りの「類酒場」へ皆様、是非お越しくださいね!お待ちしておりま~す!


**************************************

「吉田類の酒場放浪記」特別イベント・放浪1000回記念!春のオンライン酒場

開催日時:4/10(土)15時~16時30分(予定)
・チケット:8800円(税込み)
・200名様限定
・ZOOMによるオンライン双方向イベント(顔出し・声出し有無の確認あり)
・参加者の皆さんと乾杯
・見逃し配信などはありません

詳しくはBS-TBS特設ホームページをご覧ください。
ここからお申込みもできます

『蔵べるシリーズ』ご紹介 ~千代菊~

2021年3月24日水曜日 15:21

 『蔵べるシリーズ』ご紹介 ~千代菊~



 BS-TBS「吉田類の酒場放浪記」では1000件の酒場を巡ってきました。でもまだ見ぬ酒場は沢山あるんだなあ。そして日本酒も、飲むたびに新鮮な感動をもたらしてくれます。



 今回ご紹介するお酒「千代菊」は、香味豊かな本醸造酒に香り高い吟醸酒をブレンドした特別本醸造酒です。その濃厚な味わいには、まぐろのお刺身が最高に合うのです。ここは是非お醤油で召し上がってください。


 まぐろのお刺身の酸味と「千代菊」の濃厚さがお互いの味を補い合い、味わいがまとまる組み合わせです。「深みのある口当たりは、青竹の筒から注がれたかのよう」酒場詩人の顔もほころぶ。



 千代菊は岐阜県のお酒です。清流長良川の伏流水でお酒を仕込まれています。蔵元のホームページによると「もうすぐ創業280年」とのこと。歴史に思いを馳せながらお酒をいただけるのはとても幸せなことです。長良川の鵜飼も是非見てみたいし、鮎もおいしいんだろうなあ。
 
『蔵べる シリーズ』ラインナップはこちらでご覧いただけます。

 次回のお酒もお楽しみに~!





ラベル:

「日刊ニャンダイ」(Amazonで発売開始)に登場

2021年3月19日金曜日 15:52

 「日刊ニャンダイ」(Amazonで発売開始)に登場




 日刊ゲンダイの臨時増刊号「日刊ニャンダイ」をご覧になりましたか?一誌まるごと猫特集号です!ゲンダイさんなのに見出しが全然怖くない!そんなわけで東京都にお住まいのララさんにも取材がやってきました。



 「ララちゃんこんにちは」「そうそう、こっち向いてニャ~」「かわいいニャ~」「いいですニャ、最高ですニャ~」取材陣の大盛り上がりにも「今日はなんだかにぎやかだわ、、、」とララさんは終始いたってマイペース。ついでに飼い主の吉田類にも取材していただきました。
 「僕が木場に住んでいたころ酔って拾った子猫が翌朝枕もとで、、、からし君と名付け、、、」
 「そんなこと知らないわ。今が永遠なのよ。」



 コンビニと駅の売店でしか手に入らなかった「日刊ニャンダイ」なんとAmazonさんでも購入できるようになりました。
 「吉田類の猫見酒」で登場しております。皆様是非ご覧ください~!




『蔵べるシリーズ』ご紹介 ~七賢(山梨銘醸)~

2021年3月9日火曜日 15:11

 『蔵べるシリーズ』ご紹介 ~七賢(山梨銘醸)~

 


 『蔵べるシリーズ』今回紹介するお酒は山梨銘醸「七賢」です。酒蔵のある白州は、南アルプスなどの名山に囲まれた土地。名水の百選に選ばれている湧水地です。初代の蔵元が水の良さにほれ込み、この地を選び酒造業を開始したそうです。ミネラルバランスの整った水は生命の源。こんなご時世ですから、名水の森で思いっきり深呼吸したいものです。

 吉田類的には常温の七賢には「甲府鳥のモツ煮」がおすすめ。山梨での取材で食べたそうで、甘辛い味付けとの相性が抜群だったといいます。

 さて、科学的な分析によって割り出された七賢に最高に合うおつまみは「牛肉コロッケ」です。



牛肉コロッケが七賢のコクを深める組み合わせです。




「牛肉コロッケも持ってきて~!」
 
 『蔵べる シリーズ』ラインナップはこちらでご覧いただけます。
 次回のお酒もお楽しみに~!


ラベル:

1000回!これからもお楽しみに

2021年2月26日金曜日 14:34

 1000回!これからもお楽しみに



 1000回という節目を迎えた「吉田類の酒場放浪記」。なによりも、素晴らしい酒場がたくさんあること、そのことが奇跡のような幸せに思えてなりません。


 放浪1000回記念の番組をご覧いただきありがとうございました。収録は東京森下の『山利喜』さんで行われました。緊急事態宣言下の時短営業のなか、ご協力いただき大変ありがとうございました。名物の煮込みは、お店の中でぐつぐつと変わらずに生き続けているのでありました。


 撮影終了後には「おんな酒場放浪記」のヤッコちゃん(倉本康子さん)からお花をいただいたり、照れながらも嬉しい様子の類さんでした。良かったねえ。

 酒場詩人・吉田類の放浪の道はまだ半ば。2000回への期待の声も聞きます。その頃は90、、、いやいや歳の話はしませんよ。


「吉田類の酒場放浪記」放浪1000回記念スペシャル

2021年2月19日金曜日 13:46

 「吉田類の酒場放浪記」放浪1000回記念スペシャル




 BS-TBS「吉田類の酒場放浪記」番組開始から18年、吉田類が飲み続け放浪1000回を達成。写真は赤坂駅ホームの電飾看板です。類さん、たくさんの酒場にいろんなお酒を飲ませてもらったね。18年の間には本当にいろんなことがあったけれども、酒場はいつも静かに提灯を灯して待っていてくれました。

 いま再放送の酒場を観ると「あの肩寄せ合う雰囲気が懐かしい」と思います。でもそれはなくならないし、また戻って来ると信じています。

 2/22(月)夜9時からは#1000「 放浪1000回記念スペシャル」を放送します。放送創成期の貴重映像をはじめとした名場面や珍場面、番組を愛するスペシャルゲストも登場します。お楽しみに!
----------------------------------------------------------------------------
BS-TBS 吉田類の酒場放浪記 「放浪1000回記念スペシャル」
2月22日(月)夜9時~
----------------------------------------------------------------------------