少年画報『思い出食堂』~吉田類の思い出酒場~下高井戸「たつみ本店」

2022年12月7日水曜日 16:29

 少年画報『思い出食堂』~吉田類の思い出酒場~下高井戸「たつみ本店」



 下高井戸と言えば、古くは甲州街道の宿場が置かれた土地でもあり、現在もその活気を残しています。大きな駅ではないけれど、下高井戸駅は東京では数少ない路面電車の発着駅でもあり利用客も多いですね。街のレトロな風情が好きで、類スタッフも学生時代に「下高井戸京王」によく行きました。映画が二本立てで観られるので学生にはありがたかった。今は「下高井戸シネマ」と言うんですなあ。

 今回紹介するのは「たつみ本店」さん。3階建てビルの大衆酒場です。瀬戸物屋さんが甘味を出すようになり、あとに現在の居酒屋になったそうです。たい焼きを売っているのはその名残なんですね。メニューの品ぞろえの多さと、そしてほとんどがお店で手作りというのが嬉しい。名物「いわし梅揚げ」「自家製ギョーザ」などを利き酒セットでいただきます。お店のゆったりした空気にリラックスした吉田類から珍しく昔話も出てきたりして、、、。



『思い出食堂 お好み焼き編』(少年画報社)480円+税

コンビニエンスストア、ネットショップでお求めいただけます。


★最新情報!★12月13日(火)発売決定!

『吉田類の思い出酒場 幸福の味編』こちらもお楽しみに~!


2023年 大丸・松坂屋 吉田類監修 おつまみ玉手箱

2022年11月30日水曜日 10:44

 2023年 大丸・松坂屋 吉田類監修 おつまみ玉手箱



 大丸・松坂屋の2023年特別企画おせち「吉田類のおつまみ玉手箱」をYouTubeの吉田類チャンネルで紹介しています。まずは第一弾!ぜひご覧くださいね。


 類さん監修のおせちはお箸が次々伸びるラインアップ。透明なお酒シートで、それぞれのおつまみに合うお酒をご提案する楽しい仕掛けになっています。蓋には類さんのイラストで干支のウサギさんも描いてあるんですよ~。とてもかわいいです。


大丸・松坂屋さんのホームページと各店舗で12月22日(木)までご予約受付しています。(※一部ご配送できない地域もあります)

吉田類ラベルデザイン「といき」と「しぐさ」アトリエにて

2022年11月24日木曜日 16:53

 吉田類ラベルデザイン「といき」と「しぐさ」アトリエにて



 三菱食品「酒場詩人 吉田類お薦め地酒」シリーズの第2弾「一ノ蔵 といき」、「出羽桜 しぐさ」が類さんのアトリエにも届きました。こちらは10月に発売されたばかりですが、大変好評をいただいております~。嬉しい!




 一ノ蔵、出羽桜それぞれのお酒のイメージと、選んだ自作の俳句の世界観を色と柄で表現しています。色の濃度はもちろんのこと紙質などもこだわりました。第1弾の「浦霞 そぞろ」と「司牡丹 まつすぐ」のシャイニーなラベルと並んだ時の見え方も意識しているんですよ。


良い眺めだねえ~。


 では、早速いただきましょう。「といき」「しぐさ」同時開栓でいきます!
そうそう、それぞれのお味の特徴をお伝えしましょうね。


〇出羽桜 しぐさ
米どころ山形が誇る、地元の酒米を使用。上品でやわらかな旨み、雑味の無いすっきりとした味わい。

〇一ノ蔵 といき
軽快ですっきりした口当たりの中に、心地よい甘みと旨味をあわせ持つ淡麗旨口の本醸造酒。




「アトリエでの時間も充実させたいね」

スーパーマーケットを中心とした全国の店舗でお求めいただけます。
ぜひお試しくださいね!


BS-TBS『吉田類の酒場放浪記』ファンクラブオープンのお知らせ

2022年11月21日月曜日 14:49

 BS-TBS『吉田類の酒場放浪記』ファンクラブオープンのお知らせ



 「BS-TBSファンクラブ」が立ち上がりました!番組ごとのファンクラブでは、会員限定のコンテンツが届けられるとのことで、とても楽しみですね。

 そして「吉田類の酒場放浪記FC」も同時にオープンしました~!今年で番組開始20周年を迎えて、訪れた酒場も1000軒を超えています。類さんもとんだフィールドワークをしてきたものだなァ。




 「おしゃべり処」、「放浪マップ」、「おかわり動画」などの心躍るコンテンツが用意されています。なかでも特に類スタッフもおすすめするのは「放浪マップ」です。『吉田類の酒場放浪記』番組ホームページ内の「放浪マップ」の内容を進化させ、より実用的になっているのが嬉しい。類さんの訪れた酒場を放送回、都道府県、そして皆様の現在地の300mから2㎞圏内まで網羅して検索出来るようになっています。ふいに降り立った街で酒場を探す楽しみ。「おしゃべり処」、「おかわり動画」等の情報とあわせて、是非これからの街歩きのお供に加えたい。さらにファンクラブのコンテンツの進化に立ち会う楽しみもありそうです。

 ファンクラブでは特典も用意されているみたいですので、詳しくはこちらをご覧ください。類報続々!お見逃しなく!


オトナの酒場 スナック菓房

2022年10月28日金曜日 16:23

 オトナの酒場 スナック菓房



 オトナの酒場スナック菓房にお邪魔いたしました。呑む文筆家で唎酒師の山内聖子さんの営むYouTubeスナックでは、毎回ゲストを迎え美味しい日本酒と共にトークを展開しています。

 仕事も趣味も日本酒、という聖子ママの勧めるお酒もおつまみも美味しくて、類さんもすごくリラックスしています。

 こちらからご覧ください~!




立教大学で石渡美奈さんとトークショー

2022年10月25日火曜日 16:14

 立教大学で石渡美奈さんとトークショー



 立教大学の太刀川記念館でホッピーミーナこと石渡美奈さんと吉田類の乾杯トークショーが開催されました。3年ぶりに開催された「ホームカミングデー」ということもあり、キャンパスはとても賑やかでした。


トークショーはYouTubeでライブ配信されました。オープニングはホッピーブースの前から。



 ミーナさんの先輩の方が営む神楽坂のお店「瀬戸神楽」さんの鯛のリエットを、本番前に試食させていただきました。ホームカミングデーは立教大学の交友会と大学が共催するイベントなので、OBの皆さんが様々なブースで来校者の皆さんをおもてなししているのですね


 太刀川記念館には満員のお客様。この日の司会は、防災士の資格も持っていらっしゃるというアナウンサーの壽老麻衣さんです。交友の方々とのリモート中継を結びながら、そしてお酒の試飲もしつつご紹介。話題の中心はコロナ禍について。ポストコロナを語るミーナさんのはきはきとした口調に勇気づけられました。


 トークショーの後、ホッピーを片手にキャンパスの散策に繰り出しました。たくさんの方に声をかけていただき、類さん嬉しいね~。





 埼玉県熊谷市の権田酒造さんは、立教大学卒業生の権田幸子さんが営んでいらっしゃいます。権田さんにご愛読いただいているという「酒場詩人の美学」にサインをさせていただきました。嬉しい!




 宮城県都城市の霧島酒造さんも立教の卒業生の方が営まれています。トークショーの試飲では茜霧島を「炭酸割り」でいただきました(おススメ!)。

 穏やかな秋の日、キャンパスには所々でプチ同窓会の花が咲いておりました。
 このような時間を普通に過ごせる日々が続きますように。



「酔っ払いたちの700年 旅行かば、酒編」加東市に行ってきました!

2022年10月21日金曜日 17:03

 「酔っ払いたちの700年 旅行かば、酒編」加東市に行ってきました!




 昨年に引き続き、山田錦の里、加東市で開かれるイベントに参加いたしました。トークショーの他に落語や狂言などの伝統芸能も披露される舞台に、今回は民謡歌手の岡部祐希さんが登場しました。日本民謡協会公認の民謡アンバサダーを務められるほか、播磨町ふるさとPR大使もなさっています。類さんに地元の美味しいお酒を教えていただいました。岡部さんの唄う「秋洗い唄」は杜氏の大変な労働を切々と語るようで、心に染み入るのでした。



 会場のロビーには「加東市産山田錦PR大使」の歴代の委嘱状が並んでいました。
 このイベントは「加東市産山田錦」のPRと日本酒の振興を図るために実施されています。
茂山逸平さん出演の狂言「茶壷」と、桂吉坊さんの落語「住吉駕籠」はいずれも憎めない酔っ払いが登場する演目です。


 舞台は能舞台のしつらえになっていて、茂山逸平さんのご長男の慶和さんが幕上げを担当していました。「狂言師としてこれも大切なつとめなのです」と、茂山さんは師匠の表情で仰っていました。



トークショーは乾杯から。お客様にはエア乾杯をしていただきました。



 司会はラジオ関西パーソナリティの田名部真理さん。舞台上でも構わずお酒のペースが早い酒場詩人を、さらりとコントロールしていただきました。


 酒場風セットでほろ酔いトーク。桂吉坊さんは小学校の時の社会科見学で酒造工場に行くというお酒の英才教育を受けてのち、下戸の師匠と酒豪の師匠の元(振り幅!)で酒道を極めた落語家さんです。飲むのも酒、飲まぬも酒、ですなあ。




 暖簾をくぐって岩根正市長がいらっしゃいました。「加東市産山田錦PR大使」の委嘱状をお預かりいたします。


これから一年間一生懸命つとめさせていただきます。